インターネットにプロバイダはいらない|ユウジに何言ってるのあなたは

なんかインターネットにプロバイダはいらない?という話を聞いたことがありますが本当なのでしょうか?例えばフレッツ光やドコモ光の場合は回線がフレッツ光やドコモ光です。その光ケーブルをインターネットに繋げるのがプロバイダーです。そう考えるとプロバイダーがいらないというのはどういった根拠から出てきたのでしょうか。ゆうじは色々考えましたがよく分かりません。一般的に回線はNTTで、プロバイダは色々あります。プロバイダにより料金も違ったりしますね。また、プロバイダによっては速度がちがったりもします。速度は最近ではv6プラス対応のプロバイダがいいでしょう。同じ料金なので・・・。ただプロバイダによっては、自動でv6プラス対応になるのもあれば、自動でならないのもあります。自動でv6プラスにならない場合でも申請だけなので問題がありません。別途料金とかもかからないので。これでもプロバイダはいらない?とお思いですか?また、プロバイダによってはセキュリティソフトを無料提供しているところがあります。まぁ、ほとんどのプロバイダですが。そして、無料期間はプロバイダによって違います。大体1年がおおいですね。あと、プロバイダを選ぶ基準としては会社規模も考えた方がいいでしょう。できれば会社規模が大きくてサービスが充実している所がいいと思いますよ。プロバイダは色々比較しているサイトもありますので、探してみるといいと思います。その他プロバイダの特徴としては、キャッシュバックや訪問設定もありますね。
訪問設定は初回に依頼したらいいと思いますよ。一度接続できればその後の電話対応もスムーズですしね。そして、プロバイダ料金は戸建てとマンションで料金が違います。安いのはマンションで戸建てはマンションに比べると少し高いですね。で、最近ではプロバイダによってWi-Fiルータを無料提供している所があります。無料提供しているというよりも、無料レンタルとなります。そこのプロバイダと契約している間はずーと無料なのでお得ですね。Wi-Fiが接続できると、スマホやタブレット、パソコンはもちろんWi-Fi機器が全て接続できるようになります。もうお分かりかと思いますが、インターネットにプロバイダがいらないことなんかなく、絶対に必要なんですね。最後に回線の話になりますが、一戸建ての場合で、電力系の光をひいていてNTTの光に変える時は光ケーブルを宅内に引き直す必要があります。フレッツ⇒ドコモ光などでは光ケーブル自体はそのまま使えますよ。

サブコンテンツ